定期乗車券

2019年10月1日適用
定期券は有人駅窓口で申し込み、ご購入できます。
新規でご購入、または現在の定期を継続される方は、定期有効期間開始日の14日前よりお申込みできます。

※新入学生様は、学生証または合格証明書・通学証明書をお持ちの上、駅窓口にお越しください。(代理者可)

※勝山市・永平寺町からの補助を受けている定期は払い戻しできません。ご注意ください。

定期運賃

定期券払い戻しについてのご案内

【使用開始前の定期券】

使用開始前で有効期間内の場合、手数料を差し引いた残額を払い戻しします。

510円(手数料)
※市町の助成を受けている定期券の払い戻しはできません。

【使用開始後の定期券】

[定期券]は有効期間が1ヶ月以上残っている場合に限って払い戻しいたします。この場合の払い戻し額は、発売額からすでに使用した月数分(1ヶ月に満たない日の端数は1ヶ月とします)の定期運賃と手数料510円を差し引いた残額です。ただし、払い戻し額がない場合もあります。

※市町の助成を受けている定期券の払い戻しはできません。

払戻額=定期券発売額ー使用済月数分の定期運賃ー手数料510円

(例)4月1日から9月30日まで有効の6ヶ月定期券を8月20日に払い戻す場合
  払戻額=6ヶ月定期券運賃ー(3ヶ月定期運賃+1ヶ月定期運賃×2)ー510円

※上記に関わらず、買い間違いなどのやむを得ない理由により定期券が不要となった場合は、有効期間の開始後3日以内に限り、発売額からすでに使用した日数分の往復普通運賃と手数料510円を差し引いた残額を払い戻し致します。

払戻額=定期券発売額ー(使用日数×往復乗車運賃)ー手数料510円

[定期券]の区間変更はできません。新しい区間の定期券をお求めいただき、古い区間の定期券は払い戻しをいたします。この場合の払戻額は、発売額からすでに使用した日数に定期運賃の日割額を乗じた額と手数料510円を差し引いた残額です。

払戻額=定期券発売額ー(定期運賃の日割額×使用日数)ー手数料510円

助成金制度について

定期券における助成金制度は、勝山市・永平寺町で実施されており詳細は、以下の通りです。

種別 勝山市 永平寺町
適用条件 ① 勝山市・比島駅・発坂駅・保田駅・小舟渡駅・越前竹原駅で乗車し
② 勝山市内に居住している者、及び他の市町村に居住し勝山市内に通勤、通学する者ちとする。
③ 但し他の市町村で同様の補助対象となる者は除く。(永平寺町)
① 観音町駅・松岡駅・志比堺駅・永平寺口駅・下志比駅・光明寺駅・轟駅・越前野中駅・山王駅・越前竹原駅・小舟渡駅で乗降し
永平寺町内に居住している通学生であること。
回数券 10% なし
通勤1・3・6か月 5%(10円未満は切上) なし
通学1か月 5%(10円未満は切上) 10%(10円未満は切上)
通学3・6か月 10%(10円未満は切上) 10%(10円未満は切上)
学期1か月+は日数 5%(10円未満は切上) 10%(10円未満は切上)
学期1+1か月+は日数 5%(10円未満は切上) 10%(10円未満は切上)
学期3か月+は日数 10%(10円未満は切上) 10%(10円未満は切上)

身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳をお持ちの方、その介護者の方は、定期乗車券を割引でお買い求めできます。

乗車券の内容 割引率等
定期乗車券
ご本人様(手帳所持者)の
立会いが必要です。
※障害者本人のみでの単独販売は
できません。必ず介護者とともに
乗車する場合に限ります。
第一種身体障害者
第一種知的障害者
障害等級1級の精神障害者
本人 本人50%割引
介護者 介護者50%割引(1名のみ適用)
(介護者は通勤定期のみ)
12歳未満の
第二種身体障害者
12歳未満の
第二種知的障害者
12歳未満の
障害等級2級・3級の精神障害者
本人 本人は割引なし
介護者 介護者50%割引(1名のみ適用)
(介護者は通勤定期のみ)
  • 介護者は当社係員が介護能力があると認められる人に限る。
  • 介護者は乗車券の種類、乗車区間、有効期間が本人と同一で同時に購入すること。
  • 定期乗車券は障害者本人のみでは発売できません。介護者とともに乗車する場合に限ります。

各有人駅きっぷ窓口で手帳をご呈示下さい(写真添付のない手帳は不可)。その際、ご本人を確認させていただいてから割引の適用となりますので、ご協力願います。

ダウンロード

定期券申込書(PDF様式)ダウンロード

ダウンロードした申込書に記入し、有人駅窓口に提出ください。駅窓口にも申込書はございます。